きっと右肩上がり

根拠なんてさっぱり

税理士試験を受けました。

 

先週、税理士試験を受けました。

今年はTACで相続税と消費税を勉強していて、法人税もリベンジしようと思ってたけど間に合わず。2科目受けました。

 

TAC、相続税と来ると、受けた人はピンとくるのではと思いますが、

がっつり類似業種を3で割って計算しましたし、用語の意義も見てませんでした。笑

これがとれていたら受かっていた、とかは多分ないです。他にもミスをしているし。

でもどれだけ勉強していても当日の判断ミスってゼロにはならないかなと思っていて、そうなると「そもそも教えていなかった」「教えていた内容がずれていた」ってかなり致命的だと思うんです。今年何が足りなかったのか?来年受かるために何をしたらいいのか?って考えたときに、予備校を信じて1年頑張れば大丈夫とはもう思えないです。

 

 

税理士試験って、国税庁の方と税理士の方が問題を作っているから、予想が難しいのかな。だって専門家じゃないですもんね。仕事としてたまたまその課の課長になった人と、実務家。実務家って専門家じゃないですよね。税法を研究している先生が作るならわかるけど、なんで税理士試験ってこうなんですかね。簿財はちゃんと大学教授が試験委員やってるのに。

受かってもいないのに愚痴るのはださいですよね。ごめんなさい。でもたぶん、税理士試験、もう受けないからゆるして。

今年は時間も割いたし努力もしたなと思ってたんです。でも合格する人たちには努力が及んでないんです。私が税理士試験を受け始めたのは社会人でも仕事をしつつプライベートが崩壊しない程度でコツコツ勉強をして合格を積み上げられるとおもっていたから。そういう意識じゃだめだとわかっただけでも今年頑張ったかいがあったと思いたいです。

 

ああ、でも、途中で逃げるのほんとださいな。ださいのいやだ。でもつらい。このループを繰り返して10日経ちましたが、究極生きていればいいんだよとすばるくんが言ってるので生きます、ジャムたのしかったな(突然のジャニヲタ感